(ただの日記)人一倍大きい日本人としてのプライドが邪魔をする

昔から冬のオリンピック大好きです、あきたんです。スポーツ観戦好きなんで夏のオリンピックも好きやけど、なんせ冬のオリンピックはみーんなイケメンに見える!!ま、基本鼻しか出ててへんからな、THEゲレンデの恋は失敗する、やな。今の所一番タイプなんはスノーボードハーフパイプの、ショーンホワイト!ではなく、平野歩夢くん!でもなく!!3位のオーストラリア人スコット・ジェームズくん(23歳、うん、若いね!)。

gettiimagesから画像引っぱってきました
gettiimagesから画像引っぱってきました。

ってことで今日はタイトル通りただの日記です。でも海外在住の日本人の方には読んで欲しいなぁ。

あきたん日本で社会不適合者で日本での生活は大嫌い。嫌いということばは使うなと助言してくれる人たちいるけど、誰になんと言われようと大嫌い。一生日本社会でなんて住みたくない。(でももう来年には強制退国の可能性が高くて今からびくびく。ノルウェーさんよ~そこをなんとかたのんますよ~😘)日本という国はいいところもいっぱいあるし、何と言っても大好きな両親が生きてる国やからね、買い物も楽しいし食べ物も世界一美味しいし、平和に育ててくれた日本には感謝してるし、一時帰国は大好き。日本旅行もみんなに勧めまくってる!でも日本社会では働きたくない。また病気になりそう〜。

でもそんなもう中学1年から海外かぶれで隙あらば海外逃走していたあきたんですが、それでもよく言われるのは「あきたんは日本人としてのプライドは日本人の中でも人一倍強くて心は人一倍日本人っぽい」ってこと。

正直自分でもそう思います。性格が情にめっちゃ厚いところや仁義を重んじすぎてまうところ以外にもw海外に出るまではあまり意識したことはありませんでしたが、高校出てすぐアメリカに渡った時、中国人や韓国人に目の前でアメリカ人やヨーロッパ人がいる前で、日本人は〜あれコレしてどーやこーや言われたり、白人にこれだからアジア人は〜みたいな言い方されていくうちに、なにクソという気持ちが自然に湧いた。こんな言われっぱなしでたまるかと!!知識はあまりなくとも、日本が素晴らしい国ってことはわかってる。自国やからって贔屓目に見てること引いても、世界でも有数の素晴らしい国やと信じてる。ニュースとか見てると、最近日本どうなってるんや〜アホなやつばっかやんかって思うことも多々あるけど、セコイことせず黙々と努力し正々堂々勝負するところ、そして困ってる国には手を差し伸べるところ、あげだしたらキリない。日本は世界中からの尊敬に値する素晴らしい国やと思う!

でも私が生きる一般人の日常生活レベルではあまり日本は認識されていないのが現実的なところみたい、少なくともノルウェーでは。日本に興味がある人は別として、大多数のノルウェー人にとって日本は「アジアのどっかの国」程度の認識なのか?アジアの他の国が悪いと言っているのでなくて、日本を日本として正しく理解してほしいのよ。でもそれを言うとそんなことにこだわってめんどくさいやつ、というレッテルを張られかけてる。日本も中国もタイも同じと思われて何か損することあるのか?と。

私の日本人としてのプライドが間違ってんの?要らんプライドのせいで自分を苦しめてんのかなぁ?

タブーなトピックかも知れんけど、ノルウェーの日本人妻は他の貧しいアジアの国から来た”年いったノルウェー人男性が旅行に行って連れて帰ってきた若い妻”と同じくくりに思われることが少なくないという話をよく聞きます。「旦那さんはノルウェー人」と言うと、旦那さんの年齢聞かれるとか。知識を持ってるはずの職の人でも妻が日本人と言うと「貧しいところから奥さん連れてきたんだね〜」って言ってくるって話も。いやいや、日本の生活環境、ノルウェーよりもいいから!!ってな。寒くないし食は美味しく安いし便利やし安全やし。社会保障とか言い出したら自信ないけど、一般の家庭からすると日本人がわざわざヨーロッパの国に嫁ぐ利点はそんなにない。むしろ不利益も多いぞ。そんな中みんな愛する人と一緒になるために職なんかを捨てて厳しい環境に飛び込んでいくんだぞ。(誰かわたしをもらって。)

ま、そんなこと言ってもノルウェーなんて日本人からしたらもっとわけわからん北欧のどっか程度で、スウェーデンもデンマークもフィンランドもノルウェーもみな同じという認識なのは間違いない、今年のセンター試験からもわかるようにwノルウェーにいてるって何回言っても、「スウェーデンやっけ?あ、デンマークか、あ、違う?あ!フィンランドやったな!」って一番最後まで出てこないレベルwなのでなかなか文句言えませんが、、、

前置きが長くなったけど何の話かと言うと、日本食の話。ノルウェーの日本食レベル、ほんまに愕然とする。今でもいわゆるエセ日本食屋が横暴してる。むしろほぼそんな店しかない。全然美味しくないラーメン屋が大人気で賞をとってたり、わけわからん寿司屋が一等地にあってお値段も相当高いのにオスロで一番の寿司屋とか言われてる。(ちなみにここでわたし1日トレーニングした。運びかたからソースまで、突っ込みどころしかなく久しぶりにストレスで熱でた笑)

これについてぶーぶー言ってると、ノルウェー人の友達が、ノルウェー人は寿司というもんが食べたいだけで誰が握ってるかなんてどうでもいい。あげくのはてにノルウェー人は、寿司はアジア人が握ってれば美味しい、白人が握ってればまずい。と思ってるとまで言われた。寿司はもはや日本食ではなくSUSHIというアジアン料理のジャンル。日本人が、イタリア人がやってるピザ屋を見たら「おいしいに違いない!」と思うという感覚はノルウェー人には通用しない、、、

なんだかな~。私が気にくわないのは寿司loverでもないどっかのアジア人が寿司は儲かるという理由だけでたいして基本も勉強せずに見た目が寿司っぽいものを出してるってこと。ほんまに寿司が大好きならちゃんと寿司を勉強して寿司に敬意を払っているはず。その人たちにアジア人やから白人は日本人と思ってくれるだろうという考えがあるかどうかは知らないし、知りたくもない。ま、ノルウェー人は寿司職人が日本人かどうなんてそもそもどうでもいいしね。でもノルウェー人がノルウェーで寿司屋をするのはわかるのよ、日本人が日本でフレンチレストランする、みたいな。でも外国人がわざわざ自分の国以外で日本食をするのがなんか悔しい。何で自分の国の料理ちゃうの?逆に日本人じゃないけど日本が大好きで自分のお店つくっちゃいました、って飲み屋もあるけど、そこは日本への愛がちゃんと感じられるしオーナーが信念と愛をもってやってるってことが店の雰囲気から滲み出てる。だからそこは何回か行かせてもらってるし、まわりにもお勧めしてる。

今日本食で働いてるんやけど、メニュー作りももう一人の日本人の同僚と頑張ってるけど、いかんせん難しい。ノルウェー人の考えとして、カラフルでトレンディーなものが売れるみたい。もはや味のクオリティは何番目にくる流行るファクターなんやろ?ってレベル。もちろん売れないと商売にならない、それは第一。でもその売れるものを作るのに、わたしはトレンディーやからってだけで、日本人からすると一目で日本人が作ったものじゃないってことがわかるようなものは出したくなくて。そんなことしたら他のエセ日本食と同じになってしまう。

でもそれってわたしのしょうもないエゴなのか?と最近悩んできた、、、そしてノルウェー人の友達にもそんな感じのことを言われる。私たちが作りたいものを作るんじゃなくて、消費者が買いたいものを作らなあかん、それはごもっとも。売れないと潰れるだけでもとも子もない。でもわたしの野望はノルウェーで日本食がちゃんと認知されること。寿司だけじゃなくて、寿司だとしても、わたしたちが本当に日本で食べているおいしい日本食をノルウェーに広めたい。でもそれも、食に興味がなく食の選択肢も乏しいノルウェー、でもノルウェーはずっとそのスタイルできててノルウェー人はそれで満足してるんやからそこに日本食の良さを知ってもらいたいとかただのお節介でしかないのか、、、

現地の人が親しみやすいものを作るのと日本人として妥協できる範囲のバランスがほんまに難しい。日本食がピザやハンバーガーやタコスみたいに認知されてほしい。いやほんま五ヵ年計画。いや、十ヶ年。でも北米とかの日本食が比較的発達してるところもそうやって始まったんやもんな。まあ在住日本人の数が全く違うけど、、、

日本食のトラックで働いていると、日本人の方に激励の言葉を頂くことが多いんです。「またどうせ日本人がやってないんやろな、、、と思ったけど日本人が見えたから来ました、頑張って下さい!」とか。わたしは現地の日本人の方々にも、単身赴任で来て日本食にうえてたんです~!というような人にもほっこりしてもらえる日本食屋を作りたいんです。作っているものは簡単なものやけど、それでも家で日本食をなかなか食べられない人もいらっしゃるやろしな。

まぁこんなことをもやもやしてググっていたら、インチキ日本食に感謝しないといけない、という記事を見つけた。その理由は、エセ日本食屋のおかげで日本食に興味をもつ人たちが増え、それがきっかけでそういう人たちが日本に来て本当の日本食屋を知り、自国でそれを広めたいと考えてくれることによってその国で日本食が発展していくのだ、とのこと(後半わたしの勝手な解釈入ってるかも)。なるほど、ちょっと納得してしまった。大前提に、それらのエセ日本食が少なくとも現地の人にとって日本に行きたいと思ってくれるほど美味しくないと話にならんけど、そこは掘り下げないでおこう。だからエセ日本食屋には感謝しつつ、でも自分達は本当の日本食で勝負していきたい。どうにかがんばらなきゃ!!

なんだかんだ言ったけど、でもやっぱりこれからも日本人としてのプライドは大事にしていこうと思います。だって海外にいる日本人は日本のアンバサダーだと思うから。いくらただの凡人の一個人でも、とくに日本人の少ないノルウェーなんかやと日本人の知り合いは私だけ、って人もまわりに多いから。その人たちにとっちゃ私の印象=日本の印象に少なからず繋がるのだ。

こういう内容を書くと、アジアの他の国を見下しているのか、と思われるかもしれません。気を悪くする人もいるかも。いくら個人の弱小趣味ブログやとしても不特定の人が読むわけやしね。チキンハートなあきたんだからってわけじゃないけどフォローしておくと、アジアの他の国からの人たちはやっぱりお金のためやより良い生活環境のため、また先進国で勉強して自国に知識を持ち帰ろうと来る場合が多いから、わたしみたいなただノルウェーが好きで好きで夢見がちで来る人とはガッツが違う。執念がだいぶ違う。だからどんな手を使ってでも成功を手にいれたい、入れなきゃいけない、という姿勢が感じ取れる。そういう日本の戦後の団塊の世代が持っていたハングリー精神みたいなのは今の日本にもっと必要なんでないかなとも思う。いや、そういう頑張っている日本人はわたしのまわりだけでもたくさんいてる。だからわたしもそういう人たちを見習って死ぬ気で生きなきゃな。

きれいにまとまった、ふっ。ではごきげんよう。

4 Comments

  1. あきたんさん、はじめまして。私もオスロに住んでいます。ブログも以前から拝見していました。私も、日本から来たと言うと、中国やベトナムを主に全部含めてアジアは全部一緒のように思われていると感じる事が多々あります。その度、嫌〜な気持ちがしていました。売れ残りのノルウェー人(失礼!)と結婚して、自国の貧困を逃れて来たアジア人、みたいに思われるのも凄く嫌だと思っていました。そういう風にひとくくりにされるのは、なんだか薄汚なくて得体の知れない感じのする、寿司をだすアジアレストランが横行しているから、アジア全部一緒くたにされるんでないか、と、そういうレストランに対しても腹立たしく思ったこともあります、、。何故こんな風に感じるのか、他のアジアの国を下に見てる自分を認めたくなくて色々自己分析してきましたが、やはり根底に日本は欧米主要国と対等であり、アジアの中では一目置かれる国から来た、という自負があって、それをアジアという乱暴なひとくくりにされて下に見られている様に感じるのが悔しかったんだなぁと今は思っています。アジアに対する興味のなさも腹立たしいなぁ、と。まぁ、どんな国にも無知な人は沢山いるので、しょうがない話ではありますが。私の場合、きちんとノルウェー語を喋れるようになり、ノルウェー人と対等に仕事内容で張り合える様になれば何か違ってくるのではと思い、そこを目指しています。以前から一人でもよく考えているトピックだったので長文乱文でコメントしてしまいすみません。おそらく今後もずっと考えていくテーマです。

    1. 沙耶さん、コメントありがとうございます!

      やはり日本人なら一度は考えるトピックですよね。ちょっと内容からははずれますが、わたしは関西出身で今関西はアジア人旅行者で溢れかえっていて、観光地では日本人は完全にマイノリティです。習慣の違いからか態度が悪い観光客もとても多く、アジア人の区別がつかない外国人たちにはこれが日本人かと思われていたらと思うと、悲しさと悔しさと怒りがこみあげてしまいます。

      ノルウェー語をマスターしてノルウェー人と対等に仕事で張り合えるようになるというポジティブな解決策を掲げている沙耶さんの考え、尊敬します!わたしは日本人は違うんだ!と言い張るだけで説得力がゼロだったので。ノルウェーにいる日本人一人一人がしっかりアピールしてノルウェー人の日本人に対する認識が変わっていくことを期待していますし、私自身も知識をつけて頑張らなきゃと思わせて頂きました!

      オスロにお住まいとのことですし、いつかお会いできれば嬉しいです 🙂
      今後ともよろしくお願いします。

  2. 返事、ありがとうございます!
    私の場合、海外にいる間は日本人としての誇り(?)があるのですが、日本に帰っている間は、マナーの悪い観光客に対してより、アジア含め外国人に対しての日本人の振る舞い方や気持ちの持ち様でおかしいと感じる方に批判的な気持ちの方が立ってしまいます。
    まだまだ色々出てくるトピックですね。
    もしいつかオスロで見かけたら勇気を出して声をかけさせてもらいますね!

    1. 沙耶さん、ご返信ありがとうございます。
      私は以前外国人を相手にする仕事をしていましたので、そちらについてもめっちゃ意見あります!
      いつかブログネタにしようかな・・・笑
      海外に住むと日本のことを外から見ることができるので、今まではなんとも思っていなかったことにも目が向きますよね。
      ぜひオスロでお声かけてください!いろいろお話しさせていただきたいです:)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *