自営業ビザについて

生きてます、あきたんです。

立て込んでおりましがいろいろ落ち着いてきました。あと10日でホームレスになること以外は・・・。でもそれもきっとどうにかなるでしょう。

ということでタイトルの通り自営業ビザについて知ってる限りの情報書きます!

まずはなぜ自営業ビザについてかというと、実は私もそのビザを申請していたのです。結局そちらについては結果が来る前にキャンセルしたので合否の結果はこないと思われます。なので実際に私はこのビザをとれてはいないので、興味がある人は参考程度にお読みください!

まず自営業ビザの申請条件は以下のUDI(移民局)ページを隅から隅までお読みくださいな。

Want to apply: Skilled workers

Requirements of the employee Requirements relating to your qualifications You must either be an athlete who is going to participate in top-level sports or a coach in top-level sports. You must have received confirmation from the relevant member association of the Norwegian Olympic and Paralympic Committee and Confederation of Sports (e.g.

ここでは、上のページに書いてる情報以外でUDIで働いている人や過去にUDIで働いていた人に聞いたり実際にこのビザに申請したことがある人たちに聞いたりした話をシェアします。

  • ビジネスプランは必要事項をカバーすると大体15ページくらいになる。めっちゃ短いプランで通った人いるみたいやけど、それは例外で、普通はそれはありえない。
  • ビジネスプランは、ネットで出てくる基本的なテンプレの内容、プラス、具体的な時間系列で計画を書いたほうが良い。例えば、何月に何クローナかけてホームページを作成する、とか、何月までに何人クライアントをどうやってゲットする、とかそんな感じ。
  • プランだけでなく、すでに交渉しているクライアントから一筆書いてもらって添付。契約書ならなおよし!(ってもワーホリ期間は自分の会社建てられんのにそんなビザもない人に契約書とってこいって方が無理やわ!と思ってたけど向こうがそういうんだからしょうがない・・・。)ポテンシャルクライアントは3件以上が理想的。
  • 事業資金、そしてすぐに事業がうまくいかなくてもしばらく生活するお金があるということを証明するために、銀行の残高証明書を添付。これは私はこちらの銀行の残高のスクショ、日本の銀行の残高のスクショ、そしてさらに親の残高証明書までつけたったw(だって日本の銀行本人が行かんと残高証明書発行してくれへんのやもん、、、)
  • ワーホリからの切り替えの場合、照明写真の提出は必要なし。
  • このページも端から端まで読みましょう。UDIの人たちも判決を下す時にはこのページと照らし合わして決めるらしい。

  • 事業内容ががっつり自分の経験や学歴に抜群にはまってない場合はビジネスプランがかなりしっかりしたものでないといけない。さらにビジネスプランの中でなぜ自分の経験・学歴がその事業に関係あるのかを説得力があるように書かないといけない。さらにクライアントに一筆書いてもらう時にそのあたりの説明を含めれられれば尚good!
  • ビジネスプランにポテンシャルクライアントや参考人として名前や連絡先を載せたら、外国であってもほんまに彼らにコンタクトとったりするらしい。なんでも日本人になりすまそうとするアジア人が多いらしく、疑われたら記載した出生地に連絡して確かめるんやって。いや、これはその人が私を脅していたのかほんまにそういうことをしているのかはわからんけど、これも実際にUDIで働いていた人から聞いた話。要するに誰かの名前を載せるならしっかりその人にも連絡しておいたほうがいいってこと。日本人やと突然連絡きても英語喋れんかったりするから、そういう場合は「(そんな理由なので)自分を通してください。」と一筆書くのがおすすすめやって。
  • そんな感じかな?

    あと一番大事なアドバイス。
    UDIは問い合わせする度にみんなびっくりするほど違うこと言う!いや、みんないい人で、今まで何回も問い合わせしたけど感じ悪い人は一人もいなかった(実際のオフィスのカウンターには意地悪な人もいたけど・・・。)けど、みんな見事に言うことバラバラ!そんな人たちの発言に私たちの人生がかかってるので、問い合わせはなるべく電話じゃなくてメールでする。メールやと、あとでルール違反したとかいちゃもんつけられても証拠が残るから。

    あとこれはマネージメントの仕事をしているノルウェー人からのアドバイス。
    こういうお役所系では、「こう言われたんです。」とか「こう書いてます、そっちが間違ってます。」みたいな強気な態度で行くより、おバカで何もわからないふりして「教えてくれてありがとうございます〜」みたいな態度の方がいいらしいwま、その人の好みがこういうタイプだけって可能性もあるけどw

     

    そんな感じです。

    まだポイントなんこかあったと思うので思い出し次第追加予定!