アムステルダムのお国公認売春婦街Red Light Districtに行ってきた

連投します、あきたんです。

今日はわけわからんおもろい街、アムステルダムへの旅行記。

先日アメリカから親友が来てた時、ヨーロッパ大陸に来るなら絶対2、3か国は行かないと!!ってことで、彼女がずっと行きたがっていたロンドンとアムステルダムに私のサマーコースのロングウィークエンドで行ってきました。ほんまはもっとゆっくり行きたかったよ・・・。

ここで写真撮るよね〜〜〜

アムステルダムについてはマリファナの街ってイメージしかなかった私。

そのイメージは大正解。でもそれだけじゃなかった・・・全然知らんかったけど国が正式に認めて管理している、売春婦がドアの中から誘ってくる一帯が。

その一帯の名前はRed Light District。日本語では飾り窓と呼ばれているらしい。

Wikipediaでは

飾り窓 – Wikipedia

飾り窓とは オランダ、 ドイツ、 ベルギー等のゲルマン諸国、またそこから伝播して 地中海 側でも見られる(見られた) 売春の一形態、またはその施設。オランダ語では” nl:Raamprostitutie”と呼び、直訳すれば「窓売春」である。道路に面したドアはほぼ全面ガラス張りで、室内はピンク、紫、 ブラックライト等で照明、軒に赤いランプを灯しているのが特徴で、そのため英語圏等ではこれらが集まるエリアを” en:Red-light district”と呼ぶ。尚この”Red-light district”を「赤線地区」と訳す例がまま見受けられるが、成り立ちや法的位置付けからも誤り。「赤灯地区」または「赤灯街」であり意味合い的には 歓楽街やかつての 三業地 に近い。

と。でも【飾り窓】でググるともっと詳しく情報がたくさん出るので是非ググってみてください。写真もいっぱい出てくるよ。

その地区のミュージアムにも行ってきた。その名もMuseum of Prostitution。

Museum of Prostitution – Amsterdam

Welcome to Red Light Secrets, the world’s only Museum of Prostitution. Located at the Amsterdam Red Light District.

いやー深いね。(←私が言うと果てしなく浅く聞こえる謎。)

なんでもその一帯の売春婦は政府にしっかり管理されていて、誰でもなれるというわけではないらしい。身分チェックから病気持ってないかまで調べられるんやって。ほんで何がびっくりって、ちゃんとお姉さんたち税金はろてはるんやて。ほんで売春婦のほとんどが結婚してたりパートナーがいるって。

こういうことを違法にするより、合法にしてしっかり管理した方が変な犯罪が増えないとのこと。

でもダンサーにならないか?とスカウトされて他のヨーロッパの国からやってくる若い女性とかも多いと言う事実。

そして、もちろん密室やし犯罪もあるみたいで、今までその飾り窓の中で殺されて発見された女性も何人もいるとのこと。

同じ女性としては、この職業について何といっていいかわかりません。一つ言えることは、考え方は人それぞれ、かな。

周りにはなんかアダルトなショップいっぱいやったし、いやー社会見学みたいやった。ショーもあるってよ。

マリファナも合法やからそこらじゅうマリファナ匂が。アメリカのときもよく道で匂いしてきたけど、それ以上!!ダウンタウンはもう文字通りそこらじゅうから匂いしてくるし、コーヒーショップ(←騙されたらあかんで。)と呼ばれるマリファナ屋さんがたくさん。

一応言っとくけど、私、言うまでもなく吸ったこともないし、マリファナの匂い大っ嫌い。

日本人観光客でも吸ったことがバレたら日本で罰せられるらしいよ。みんな絶対吸ったらあかんで。

チューリップ〜とかミッフィ〜とかそんな可愛らしいアムステルダムは、red light districtとマリファナプンプンの印象しか残ってません。まあ一泊二日やったからアムステルダムのこと1ミクロくらいしかわかってないけどな。

でも!!アムステルダムで喋った人たち、空港からホテルからレストランからバスの運ちゃんから道行く人々まで、全員いい人たちやった!!!街が好きかどうかは人で決める私、アムステルダム、住める。

オスロから近いし、オスロ在住の人もオスロに日本から来る人も、是非時間があれば行ってみてください。

今Skyscannerでさっと見てみたけど、オスロから片道5000円くらいから行けます〜。


 

美術館はお金をドブに捨てる並に一瞬で飽きてしまう私は、友達がゴッホ美術館見てる間に噂の美味しいクリームコロッケ屋さんにもいてきたよ。お酒が進むわ。甘いサイダーで一人顔真っ赤よ。

ちなみにここね。 お味は、星三つ半、って感じ。お値段お高め。

そんな感じのアムステルダム旅行記。ほんま訳わからんおもろいところやわ。また今度はゆっくり訪れたいと思います〜。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *