面接行ってきたでー。ノルウェーワーホリ申請について詳しく書いてみた!

海外は一人で歩けるけど東京は一人で歩けません、あきたんです。もはや東京はわたしにとって一番外国です。

ってことでノルエーワーホリビザの面接のために、東京に行ってきました。京都から東京まで夜行バスで2000円。オスロ-スコットランド1200円の後はもはや何もかも高く感じてしまう笑。今度ポーランド-オスロ800円を狙ってます。もちろんSkyScannerで。



 

それでは、ノルウェーワーホリ申請のあれこれについて詳しく記しておきます。

まずは駐日ノルウェー王国大使館のページをチェック。

滞在許可(長期ビザ)

滞在許可は長期間にわたってノルウェーに滞在することを認められる許可であり、長期ビザとも呼ばれます。 90日を超えてノルウェーに滞在することを予定している人は滞在許可を申請しなくてはなりません。滞在許可には幾つかの種類がありますが、最も一般的なものは就労、留学あるいは家族移住のための滞在許可です。 90日を超えてノルウェーに …

ビザ、滞在許可のオンライン申請 Application Portal Norway

大使館にお越しになる前に、オンラインで申請の事前登録をしてください。 大使館でビザもしくは滞在許可を申請される方は、オンライン上で申請フォームに記入し手数料を支払ったうえで、大使館に必要添付書類を提出してください。規定の書面で申請することも可能ですが、オンラインで申請された方の手続きを優先的に行ないます。また、オンラインで申請された場合のほうが審査に掛かる時間も短くなります。 …

そして、Application Portalからオンライン申請。

右のCreate New User Accountからアカウントを作る。

screen-shot-2016-10-20-at-3-32-50-pm

そしてあとは指示に従って記入する。

大使館のページにも書いていますが、以下の点に注意してください。

  • Application Portalでは”Work”を選び、チェックリストは”working holiday for young adults from Japan”を使用してください。
  • Application Portal 上で“Reference Information”を入力する際は、“Other, without employer in Norway”を選択し、下方詳細部分にて“Other Professionals”を選択した後、“Working Holiday”とタイプしてください。

ここで、Reference Informationの箇所に、Pay per monthとWorking hours per weekとあります。上で、”Other, without employer in Norway”と書くようにと言っているのに、pay per month(月給)とworking hours per week(労働時間/週)なんてわからんよ!と思って空欄で送信しようとしましたが、必須欄なので送信できませんでした。pay per monthの方はN/Aでいけたのですが、working hours per weekの方は数字を入れないと送信させてくれません。ですので私はとりあえず40と入れ(ノルウェー人週40時間も働かんけどw)、詳細部分に Working Holiday (I have not got a job in Norway yet so the working hours below is just a random number.) と記入しました。

それが正解だったかどうかはわかりません。面接ではそれについては何も言われませんでしたが何か連絡が来たら報告します。

そして全部記入し、間違いがないかしっかり確認した後、送信します。

すると登録したメールアドレスにカバーレターが添付されたメールが届きます。

そこには次にすべきことが説明されています。

*添付のカバーレターをプリントアウトして署名する。
*提出必要書類チェックリスト(www.udi.no/checklists)をプリントアウトし、必要書類を集める。

-チェックリストの署名欄に、UDI numberの記入とありますが、問い合わせしたところそこは空欄でいいとのことでした。

-提出書類は全て英語またはノルウェー語で書かれた原本でなければいけませんが、住民票は自分で英訳をつければいいようです。(フォーマット自由。私はこちらのブログを参考に、というかそのまま使えわせてもらいました。)面接時に面接官がその用紙も見ていましたが何も言われませんでした。住民票の英語版も区役所で発行してもらえるようになればいいのにな〜。

健康証明書意思表示票のフォームはこちらにありました。

-ノルウェーで住むところがある証明は、ワードで

“I am going to look for a place to stay in Oslo after my visa is granted. I will look on finn.no and hybel.no. ”

と書いた紙を提出しました。どこの町に行くつもりなのかを書くのが重要かな。(finn.noとhybel.noについてはこちら。)

*面接予約をまだとっていなければ、Application Portal上で予約する。

このページでも予約できるみたいですが、私は直接大使館にメールしました。連絡先はこちら。一応迷惑メール対策にそのままアドレス載せるのは避けます。
自分の希望の日程を送ればいいです。割と暇そうと言ったら失礼ですが、時間はかなり空いているような感じでした。
最初、日本語と英語でメールしましたが、英語で返事が返ってきました。でも、問い合わせに電話した時にその方が出たのですが、日本語ぺらぺらでした。

*そして予約日時に大使館に行く。

 

 

そんな内容です。

大使館は広尾駅から徒歩5分ほど。関西人なんで全然知らんけど、このあたり大使館いっぱいあるんですね。スーツの外国人だらけでした。スーツ萌え。

wp-image-2117741749jpg.jpg

wp-image-533679595jpg.jpg
旗なびけ〜っと思ってしばらく待ってみたけど永遠に無風やった。

左の門のインターフォンを鳴らしてビザの面接に来たことを告げると鍵を開けてくれます。受付のお姉さんは日本人でした。

面接は、個室みたいなところで、刑務所の面会みたいな感じの設定でした。ガラス越しです。(伝わる?w)

無愛想な面接官でしたが、全く意地悪さはなくとてもいい人でした。多分シャイなんやろな、おっちゃん。

私の犯した凡ミス。↓
パスポートのコピーで、スタンプ押してるページにばかり気をとられ、一番肝心な写真のページをコピーし忘れた・・・。コンビニに走らなあかんかと思ったら、「僕がしとくね〜」みたいな感じでした。アメリカ大使館ならその瞬間跳ね返されてたなw

聞かれたことは、

ノルウェー行ったことあるの?

なんでノルウェー?

直近でヨーロッパにいたのはいつ?

何日滞在した?

いつノルウェーに行こうと思ってる?

ノルウェーのどこに行くつもり?

今仕事は?

ノルウェーで仕事もうあるの?

でした。

何も考えずに真実を答えました。

何もつっこまれず「ふ〜ん。」って感じでした。

質問はもちろん英語です。ノルウェー人やろうからノルウェー語でtakkとかha detとか言ってみたけどふつ〜に英語で返されたよ。

そして書類をさ〜っと目を通して終了。

私の場合、こないだまで90日間シェンゲンに滞在していたので、「もし180日ルールが終わる前にノルウェーに戻るなら、シェンゲン外での乗り換えしかだめだよ。イギリスとかロシアとかね。」とのこと。トルコ航空かエミレーツになるやろうから問題なし。

シェンゲン協定ルールについてはこちらにまとめています。

そんなこんなで予約時間前に始まった面接は予約時間前に終了。

 

翌日メールが来て、たいていの人は4週間以内に結果が来るとのこと。30日以上かかる場合は向こうから連絡が来るようです。

 

出した人はほぼ誰でももらえるワーホリビザですが、いかんせんこないだの90日滞在があるからちょっと心配。何も悪いことしてないけど、ビザとかって何かといちゃもんつけられたりすることあるじゃないですか・・・。大丈夫かな!

結果が来たらまた書きます。

 

 









Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *