ヨーロッパのシェンゲン圏に含まれない国

食欲が止まりません、あきたんです。毎日動き回ってるけどそれ以上にお腹がすくの。

 

今日は、ヨーロッパ旅行が好きな人にとって一番気をつけないといけないシェンゲン協定についてまとめたいと思います。

シェンゲン協定(シェンゲンきょうてい)は、ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定である。(Wikipediaより。)

要はシェンゲン圏内の移動はパスポートチェックがないということですね。

外務省のページによると、日本のパスポートを所持する人は

・・・「あらゆる180日の期間内で最大90日間」ビザ免除で短期滞在が認められる

とのことです。

こちらのページこちらのページの説明がわかりやすかったです。

連続でも断続的にでも、シェンゲン圏内の滞在が90日に達しそうな時は気をつけなければいけません。

シェンゲン圏ってどこなのかというと、ざっくり言ってしまえば「ヨーロッパのほぼ全部の国」です。(EUがどうとかは忘れてください。)
よってシェンゲン圏を挙げるよりシェンゲン圏外を挙げるほうが早いです。

シェンゲン圏に含まれていないヨーロッパの国は現在(2016年9月6日)、ブルガリア、クロアチア、キプロス、アイルランド、ルーマニア、イギリスです。あと、ヨーロッパに入るか微妙ですが、トルコもシェンゲン圏外です。

ブルガリアとルーマニアはシェンゲン圏入りは時間の問題のようなので、最新情報は欧州委員会のページで確認してください。

Schengen Area

The free movement of persons is a fundamental right guaranteed by the EU to its citizens. It entitles every EU citizen to travel, work and live in any EU country without special formalities. Schengen cooperation enhances this freedom by enabling citizens to cross internal borders without being subjected to border checks.

私の場合、ノルウェーに滞在中に、シェンゲン圏外であるスコットランド(イギリス)、クロアチア、トルコを訪れる予定だったのとその日の便が安かったので、帰国便をノルウェー入国後102日後の便を予約しています。要するに、スコットランド、クロアチア、トルコで合わせて12日滞在しようと思っていたのです。

ここが私がバカだったところです。

10日間シェンゲン圏外に出るということは、丸10日、0時から24時までシェンゲン圏外にいないといけないということです。要するに、出国日と帰国日はこの10日に含まれないということです。そこまで深く考えずに飛行機を予約したのです。

先日の旅行で、クロアチアに5泊しました。ですがそれはつまりシェンゲン圏外にいたのは丸4日。なので後丸8日シェンゲン圏外に行かなきゃなのです。つまり後9泊。なんか思っていたより多い・・・がーん。

そんな私みたいなおバカなことをしないために(普通はもっと用心深いよな・・・)、自分の計画がシェンゲンの規定に引っかからないか確認するために、以下のページで計算・確認ができます。

Schengen-calculator

No Description

余談ですが、この話をしたら、ロシアのサンクトペテルブルグ出身の友達がサンクトペテルブルグはここから2時間くらいで行けるよと教えてくれたのですが、ロシアは短期観光でもビザが必要らしいので断念しました。72時間トランジットビザというのがあるようなのですが、(詳しくはこちらのブログを参考にさせて頂きました。)最大72時間やと丸2日のしかいられないですしね。ロシアはまたいつか時間をかけて行きたいなと思います。

私は日本からトルコ航空できたのですが、関空のトルコ航空の職員の方がとてもいい人で、シェンゲン規則について確認してくれました。私は自分なりにしっかり調べて理解していたつもりでしたが、時々引っかかる日本人がいるらしいです。

しかしちゃんと確認したつもりでも、先日のヨーロッパ旅行はドキドキしました。

クロアチアからシェンゲン圏内に戻る時の経由地であったヘルシンキ空港では、トランジットのみだったのにもかかわらず、パスポートチェックで

「滞在日数は?」
「乗り換えだけです。」
「そうじゃなくて、ヨーロッパにトータル何日滞在するんかって聞いてんの。」
「・・・(やばい、102日とか言ったらいろいろ聞かれる・・・スコットランドとか行くチケットとかまだとってないし・・・やばいやばい。)ないてぃでいず!!(←嘘をつくのが超下手くそなあきたんよくできました。)」
「OK!!」

ってな感じでした。

シェンゲン圏内のドイツからシェンゲン圏外に出国するときの出国審査でもドイツの前どこにどれくらいおったんやとか聞かれたし。

やましいことなんてしていないのに、ただでさえ毎度緊張する入国審査。今回はいつもの倍緊張しました。ノルウェー再入国の時は、シェンゲン圏内からだったのでパスポートチェックもなく問題なく帰ってこられました。ふー!

 

ということで、大事なことは、シェンゲン圏の規則についてしっかり理解しておくことだと思います。しっかり理解していれば、いろいろつっこまれて質問されてもしっかり答えられますしね。

 

ってなことで来週スコットランドとアイルランドに行ってきます。

スコットランドまでの飛行機なんと1600円!京都から名古屋まで行くのもローカル線乗り継いでも5000円超えるのに。。。

ちなみに帰りはアイルランドからやからちょっと高くて3000円くらい。スコットランド往復やったら3000円だよ。マジか。

カウチサーフィンするし、1週間の旅行全部合わせて2万円以内で抑えられそうかなぁ。

 

 



ユーレイルパスを安く買う





1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *