(訂正)オスロ在住の日本人の方から教わった具体的なアドバイス

内容訂正しました。語弊がありそうなところやうろ覚えすぎて正しくない情報を載せてしましました。すみませせん。

この投稿については今後も修正を加えていく予定です。

そして再びとても丁寧にご教示くださりありがとうございます。

なんだか燃えているあきたんです。

今日は、ブログを通してコンタクトを下さったノルウェー在住の日本人の方にお会いすることができました。

もう、お会いすることができただけでも嬉しいのに、超超超貴重すぎるお話を、もはやお金払って依頼するコンサルティングです、ってくらいたくさん教えていただきました。感謝しかありません。

自分用のメモと、他にもノルウェーに住みたいって人が読んでくれているかも知れないのでシェアます。(記憶力が悪すぎるのでウロ覚えのところもあり。その都度更新・編集します。)

 

1.公的機関は外国人や障害者をできるだけ雇用するように奨励されているので、私企業などに比べて、外国人が面接などに呼ばれる可能性が若干高くなる。

2.他の業種に比べると、エンジニア系は外国人にとってオープンなところが多いかも。また、目下常に人員不足の医療系も外国人にとっては就職しやすいところ

3.会計を専門に勉強しようとする人には、会計監査がおすすめ。

4.親元から離れて経済的に独立している学生の多くは、学生ローン+バイトで生活している。しかし、留学生はローンは組めないので全額自費。

5.ノルウェーの国立大学でノルウェー語で行われる学士課程の授業を受ける場合、学費は今のところ無料。

6. ノルウェー語の勉強には、本を読むのはとてもオススメ。朗読CDもある子供向けの本を読みながら聴くのも良い。

7. 超男女平等主義=夫婦であってもお財布は別が当たり前
(イケメンでいい仕事しててお金あって優しい男ゲットしてハーフの可愛い子供産むんだもん♡なんて考えの人、他の国当たってください!!)

8. 自分でビジネスを始めるは割と簡単だがうまく行くのはやはり難しく失敗する人が多い。きちんと収入を確保できる仕事をしつつ、サブにするのがベター。目を覚ますんだ、あきたん!!!現実を見なさい!!

9. 日本での学歴や経験は良くも悪くもほぼ効力なし。

 

 

他にも思い出す都度更新します。

今までの自分はただの夢見る夢子ちゃんだったことを思い知らされました。

頑張ります。うむ。ケーキ美味しかったなぁ。

 

 

2 Comments

  1. こんにちは!中村と言います19歳です!自分もあきたんさんと同じで、ノルウェーに住むために奮闘しています!自分のケースとしては、英語がまずできないとダメなのでシドニーで1年いて今年の4月に帰ってきました!そして大学にもまだ入ってなくて、日本の大学よりはアメリカなどがいいと思い、基地内のUMUCにて、Cybersecurity の学士を取ろうと考えています!4年かかるのでその間お金を貯めつつその後にノルウェーで修士号を取り、そのまま就職もしたいと考えています!

    自分とはまた違いであきたんさんは、とてもアクティブでグングン進んでいるのでとても勉強になり、憧れています!
    これからも応援しています!
    ぜひ夢を叶えましょう

    1. 中村さんこんにちは!
      コメントありがとうございます!
      こんな今しか生きてないずっこけ人生に興味持ってくれてありがとうございます笑。中村さんはめっちゃしっかり計画たてててすごいなと思います。自分の若い頃に言ってやりたいですわ、、、
      そんだけのガッツがあれば、ノルウェー語の独学も余裕でできそうやし、大学一年目のうちにノルウェー語も勉強して、学部の入学資格(ノルウェー語と、大学の一年修了)を満たしらノルウェーに移るのもありやと思います。いろんな選択肢があると思うので、いろいろ調べてベストなもの、そしてノリや直感も大事にしつつ、頑張ってくださいね!陰ながら応援させてください♥️

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *