オスロ大学のサマースクールを激推しするお

ヤングなキッズたちと勉強していると、あの頃は自分も飲み込み早かったなと脳の老化を痛感しています、あきたんです

今日は私が今参加しているオスロ大学のサマースクールについてついて書きます。

正直、私はマスターに不合格した身やし、サマースクールなんて遊びの延長だろくらいの気分で申し込みました。まだ2日目ですが、サマースクールを激推ししたいと思います。

サマースクールの概要

International Summer School – University of Oslo

The International Summer School (ISS) offers intensive Master’s and Bachelor’s courses each summer, from late June to late July. We welcome over 550 students from about 90 countries.

テーマは”Come to Norway – Experience the World!”です。テーマの通り、毎年かなり多くの国からの参加者がいるようで、今年は18歳から79歳(!!)までの98ヶ国からの参加者が来ています。

受講できるコース条件は様々なので、上記のページをよくお読みください。

 

サマースクールを激推しする理由

  1. 想像の100倍真剣なコースである。

まずびっくりしたのが、オープニングセレモニーの本気さ。服装はヒジネスアタイア。割とカジュアルな人もいましたが、基本みんなスーツかドレスでした。

まずはオスロ大学の一番最初に出来たキャンパスのでのセレモニー。お偉いさん卒業生のスピーチだけでなく、ノルウェーの民族衣装を着た民謡?のパフォーマンス、さらにはサマースクールを始めた人の孫のラッパーのライブ。これがもう皆完全にノリノリになり、特にアフリカのなんとか族とかにいそうな人たちが踊りだし、みんな立って手を振って、まるでライブ会場みたいになりました。

続いて、近くのオスロ市庁舎に移動。そこは毎年12月10日にノーベル平和賞授与式が行われる場所です。豪華で荘厳な作りです。そしてなんとオスロ市長がスピーチをしてくれました。遊びの延長だと思ってたコースは期待を遥かに超えました。会場ではワインやビールなどのドリンクと、軽食も出ました。節約生活でほとんど日本から持ってきたたらこスパばっかり食べていた私は久しぶりのお肉やサーモンにとても興奮しました。と言ってもほんとに小さなピースばかりてしたが。しかも帰宅してからすんごいお腹壊しました。

今年のセレモニーの様子がこちらでアップされていました。興味のある方は是非。

2.友達ができる。

誰も知り合いのいないところに来たわけですから、キャンパスの外で遊ぶほどにならなくても、毎日人と会って話ができるのは嬉しいものです。私はノルウェー語も受講しているのですが、外国語のクラスでは特にペアを組んでのワークが多いのでひとりひとりと仲良くなれます。そしてやはり、外国人同士の情報交換も貴重です。例えば、イギリスから来たクラスメートは、よくイギリスからオスロに遊びに来ていたらしく、イギリス−オスロ間の安いチケットの買い方を教えてもらいました。また、短期の家の探し方のチップなんかも外国人同士ならではですよね。

3.受講するのにビザが不要。

サマーコースは6週間なので、日本人の私たちはビザは必要ありません。

ということは、ワーホリビザを使わなくて済むということです。私はサマーコースでノルウェー語を学びつつ、旅行や色々な人に出会い、ワーホリで来る前のベース作りをしています。

4. 何クラス取っても値段は一律。

具体的なコストはこちら

何クラス取ろうが値段は同じなので興味があるコースはとりあえず申し込んで、やめたければドロップすればいいです。クラスの数が多いほど、より多くの人と出会えます。

おすすめは、Norwegian Life & Societyというオープンセミナーです。オープンセミナーなので、受講するだけ受講してテストを受けるのは必須ではありません。このコースではノルウェーについての一般知識を学べます。テストを受けなくていいので、気軽に自分の知識として受けることができるし、段々になっている大きい部屋でするほどクラスの規模が大きい(正規の学部生も受けているようです)ので友達がたくさんできる!かも!

5. イベントが盛りだくさん。

話し出すと長くなるのでイベントリストを参照ください。→こちら

そして、サマースクール代に含まれている遠足がある!!行き先についてはこちら

6. ちゃんと証明書が発行される。

コースを修了すると証明書がもらえます。今の時代なんでも証明書が大事です。もちろんどれだけ真剣に勉強するかが大事ですしが、言い方は悪いですが、証明書もらったもん勝ちです。特に、ノルウェー語のコースの修了証は、今後ノルウェーで仕事をしたいと思っている人にはあって損なしです。なぜならみんな英語がペラペラなのでノルウェー語を全く勉強する気もない人も沢山いるからです。日本でも、英語で当たり前のように話してくる外国人より日本語を頑張って勉強している人の方が好感を持てますよね。

 

 

そんなこんなでサマースクール、オススメです。とにかく先生やスタッフも片手間仕事ではなく本気で頑張ってくれていることをひしひしと感じます。もちろん正規のコースと比べると簡単で楽ですが、ただのお遊びと馬鹿にするようなものでは決してありません。マスターに落ちてやさぐれていた私ですが、サマースクールに申し込んでよかったと思います。だから同じような状況の方も是非サマースクールに申し込んでみてください。そこでの出会いや知識・経験は絶対に無駄にならないと思います。私も、「正規で入れなかった負け組でも入れるお遊びでしょ」と言われないように、次に繋がるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *