節約のためにはoff-campus housing! ノルウェーでの家探しについて

自分にはケチなあきたんです。

サマースクールに申し込む時、on-campus housingかoff-campus housingにするかを選びます。要するに学校の寮に申し込むか自分で住むところを探すかってことですね。

私が申し込んだオスロ大学は、寮(ご飯付き)は22,950ノルウェークローネ(3,060アメリカドル)、寮なしは9,300クローネ(1,240アメリカドル)でした。寮の期間はサマースクールが始まる前日から終わった翌日までとのことです。要するに1ヶ月と10日ほどで寮の費用が1800ドル(ざっくり言うと約20万円)。

私はoff-campusに住むことにしました。

理由は、

1、デンマークに住んでる友人に聞いてみると、20万もあれば3か月分の家賃プラス食費に余裕でなるよ、と教えてもらったから。

2、学生達とは学内で仲良くなれるとして(そこは自分の努力次第)、外でシェアハウスなどで社会人とのネットワークをつくりたかったから。

3、留学生とではなくノルウェー人と住んでノルウェー語を学びたいから。

です。

ということで、家探し!!

調べたところによると、ノルウェーでよく使われているクラシファイドは

Finn.noらしいです。不動産系、求人、売りたい買いたいなどあります。

ノルウェー語ですが、ここでもグーグル大先生の出番です。グーグル翻訳すると大体何でも理解できます。

次に、家探しに特化しているHybel.noです。言うまでもなくグーグル大先生に頼ります。

あと、ルームメイトを探すroomster.comです。

そして、Facebookのオスロで部屋探し・部屋貸出をする人のためのページのRooms/apartments for rent in Osloです。こちらは確か承認制ですが私はすぐに承認してもらえました。

今のところこれくらいしか知らないので、何か新しい情報をゲットし次第追記していこうと思います。

他にもノルウェーに特化したものでなければ流行りのAirbnbがありますね。

あと、Airbnbほどメジャーではないですが、Couchsurfing.comというのもあります。couchsurfing、要するに人んちのカウチソファーで寝させてもらうものです。こちら、Airbnbと違う点は、こちら、無料です。私みたいなバジェットトラベラーには神ですね!

 

そんなこんなで私の場合、家の契約は実際に部屋や周辺を見て決めたいので、着いてから数日だけの滞在場所を探すことにしました。まずはcouchsurfing.comで探したのですが、どうも私の日程と合うホストが見つからず・・・。しょうがないのでAirbnbで探しました。4泊分のみ予約したので、その間に部屋探すぞ!!じゃなかったらホームレスになるぞ!!出発まであと1週間なので、そろそろFinn.noやhybel.comで内覧の予約を取ろうと思っています。(あまり早くから予約しようとしても私が行く前に入居者が決まってしまうので。)

Airbnbやcouchsurfing.comの私なりの注意点を別記事で書こうと思います。

 

果たしてあきたんはホームレスを免れるのか?!